愛知県名古屋市守山区の不動産売買・仲介は、おうちむすび(サンクリエイト株式会社)へ

サンクリエイト株式会社

お問い合わせ

無料査定

営業時間10:00~19:00(不定休)

お問い合わせ

スタッフブログ

源平合戦

 

皆様こんにちは。

おうちむすびの齋藤でございます。

 

先日の初春の月は、とても幻想的で綺麗なものでした。

源氏物語にも登場する十六夜の月、皆様はご覧になられましたでしょうか?

 

 

 

月が輝くもう少し前のこと。

自宅の桃が咲き溢れました。

 

 

この桃、通称「雲竜しだれ源平桃」といいます。

・・これほど剛健な名前の草木も、なかなか珍しい気がします(笑)

 

 

「雲竜」とは特徴的な枝の形。

くねくねと曲がる様を、龍が天へ昇る姿に形容しております。

 

 

 

しかしながら。

雲竜ではあるものの、天に昇らず「しだれ」ております。。

 

 

 

「源平」とは紅白の花を咲かせるため、源氏と平氏の旗色になぞらえております。

 

 

 

 

源氏といえば、“世の中狭し”と時代を乱舞した源義経。

至言に「勝つというのは我に勝つことだ」とございます。

 

この桃が咲く度、自己の葛藤に打ち勝つ大切さを、あらためて思い巡らされます。

 

 

 

桃の木の寿命は、たったの30年。

義経も30歳という若さで生涯の幕を閉じました。

肝要は、限りあるなかで“何を成したか”なのでしょうね。

 

 

さらに義経公。

「人よりも百倍臆病であれば、百倍勇気を奮い立たせばよいではないか」

 

かしこm(_ _)m